美容室の新築、改装の照明講座

 お困りの多くは、美容室を新築、改装してLED照明にしたけれど、お客様やスタッフの評判が良くない。

5つのお悩み

▲顔に影ができる。(シワが目立つ)

▲顔色が病人のように見える。(肌色が悪い)

▲カラーリングがうまくいかない。(外では色が変わって見える)

▲手元が暗くなり、カットがしづらい。

▲襟足が見えにくい。

▲店内が暗く感じる。(照明は沢山有るのに)

 

その理由(わけ)は

①建築士やインテリアデザイナーは照明器具のデザインにはプロであっても、新しいLED照明の性能に必ずしも詳しい訳ではありません。

 LED照明は白熱電球や蛍光灯とは性能が大きく異なるので今までのノウハウを活かしきれないからです。

②LED照明は同じ明るさでもメーカー毎に性能が異なり、眩しさや光の広がりが異なります。

 同じメーカーで同じ明るさのLED照明でも眩しさや光の広がりが異なる多くの製品があります。

 これを見分けるのは、照明の専門家である「照明コンサルタント」や「照明士」です。

③美容室や店舗の照明は色彩を正確に見せる性能「演色性能」が劣っていいると色違いのクレームに繋がります。一般的なLED照明は白熱電球や蛍光灯よりこの性能が劣っています。

このことを考慮しないで照明器具を選定し施工されると期待と大きく違ったお店が完成します。 

 

では①~③をクリアして美容室、店舗をの照明プランを提案できるところはあるのでしょうか。

高い費用をかけて新築、改装されるオーナーに寄り添い、お客様やスタッフにご満足頂けるお店を完成させる照明デザインの専門家は。

関東から関西まで実績のある照明デザイナー

広域に活躍している美容室、理容室の照明プランを手掛ける照明デザイナー

二級建築士、インテリアコーディネーター、色彩検定一級であって

国内の主要照明メーカーのLED照明を熟知しているの照明コンサルタント、照明士である

ハピネス照明デザイン事務所 です。

しかも国内ではまだ操作のできる人の少ない3次元照明シュミレーションソフト(DIALux)で照度計算をして、店内の明るさのバランスはもとより、

①お客様のお顔に影が出ない

②襟足まで見えて、スタッフの手暗がりの生じない

③カラーリングもお客様のご希望通りに見える

そんな照明器具を選定し絶妙に配置致します。 

関東から岡山まで広域からオファーがあり、照明プランに実績のある照明プランナーです。

 

美容室の照明コンサルタンティング

 中小企業庁が小規模事業者、中小企業などのための国の支援策「ミラサポ」に専門家として登録されています。

照明の専門家としてあなたのお店の支援に派遣されることが可能です。

美・理容室の皆様の負担が有りません。

 

美容室、理容室の照明でお困りな方のところへ交通費などの費用は国の負担であなたのお店にお伺いすることが出来ます。

但し、「ミラサポ」の会員に加入された方(事業所も)のみが対象となります。

宿泊が伴うほどの遠距離であれば、宿泊費も支援の対象となります。

政府が支援する制度ですので「未来の企業支援サイト」略して「ミラサポ」で検索するか、お近くの商工会か県の商工会連合会にご相談下さい。

県のアドバイザーが窓口になり、登録されている照明の専門家を探します。

現在、この専門家は1名しかおりません。オーナーと私の日程調整まで行って頂けます。

 

照明コンサルティングの依頼先

 

ハピネス照明デザイン事務所

〒335-0023

埼玉県戸田市本町1-5-1 

  スカイコート戸田公園107

 

代表 椎原敏次

    (シイハラ トシジ)

☎  048-229-9958

Fax 048-229-0344

E mail

  パソコンからは shiihara@hapifa.jp

   スマホ からは happinessfas@gmail.com